• ホーム
  • 乾燥肌のかゆみ対策は、保湿効果の高い軟膏を塗ったり、日焼けを防ぐことが大事です

乾燥肌のかゆみ対策は、保湿効果の高い軟膏を塗ったり、日焼けを防ぐことが大事です

2020年03月01日
顔にクリームを塗っている女性

冬の季節になると肌が乾燥してかゆみを覚える人が多くいると言われています。冬に多い乾燥肌は、何か対策する方法があるのでしょうか。そもそも、冬になるといったい何故肌が乾燥しやすくなるのでしょうか。

冬の季節に肌が乾燥しやすくなる原因には、気候が挙げられます。冬は気温が下がり空気が乾燥するという特徴があります。すると、人間の身体が冬の気候に対応しようとして乾燥肌が引き起こされてしまいます。身体が冷えると、体温を保持しようとして皮膚表面の血管を収縮させます。すると、血管を流れる血液量が少なくなり栄養が十分に気届かなくなります。水分量を保持するのに欠かせないセラミドや皮脂が少なくなることで乾燥肌になってしまうというわけです。

肌が乾燥すると、次第にかゆみを覚えるようになります。これは、セラミドや皮脂の働きが十分に発揮されないことで起こります。肌のかゆみ対策には、日常生活の見直しが重要となります。特に、過度な洗顔や洗いすぎは乾燥肌を助長する恐れがありますので気を付けなくてはいけません。石鹸は十分に泡立てて肌をなでるように洗うことを心がけましょう。

お風呂は熱すぎるお湯は一層乾燥を招く恐れがありますので、ぬるま湯程度にしておくのが理想です。もし、普通のお風呂でも乾燥しやすいという場合には、保湿効果がある入浴剤を利用すると良いでしょう。お風呂から上がるときは、身体をゴシゴシと洗うのではなく水分を吸い取るように意識して身体を拭くと良いでしょう。そして、保湿はできる限り早く行うことをおすすめします。

また、冬場は室内でエアコンやファンヒーターなどを使って、暖めているという人がほとんどだと思います。ですが、部屋を暖かくし過ぎてしまいますと一層乾燥しやすくなりますので、室内温度は低めに設定することを心がけましょう。加湿器を使用したり洗濯物を室内星にするなどして、湿度を高く維持することも重要です。

肌の保湿ケアは、化粧水をたっぷりとつけるようにして常にうるおいを意識しましょう。クレンジング・洗顔後は特に肌が乾燥しやすい状態にあるため、できる限り早くスキンケアを行うことが大切です。冬場は特に手が冷たい状態にありますので、手をしっかりと温めてから化粧水を塗るようにしてください。

広い部分だけではなく、小鼻や口元などの見落としがちな細かい箇所も徹底してケアを行うようにしましょう。そして、乾燥肌には美容液が欠かせません。化粧水だけで終わらせるのではなく、美容液できちんとケアをしてあげましょう。